イエプコ -IEPCO- 処理

離型問題を素早く解決したい

型寿命の向上

低価格と短納期を実現

イエプコ(IEPCO)とは?

モールドプラスセンターのイエプコ(IEPCO)表面処理加工

スイスIEPCO社の表面処理技術は、創立者のE.A.Faude氏が長年に渡りジェットエンジンに使用されるタービンブレード の破損防止の研究に携わり、その技術をもとに一般産業機械や精密部品へ応用した技術です。このタービンブレードは毎分数万回転するため数多くのブレードの中には 根元部より折れ飛ぶものがありました。それらのブレード表面には欠陥が有ることを突き止め、との問題解決に古くからヨーロッパで利用されていたピーニング技術 (金属の大型フレーム等の機会強度を向上させる為に金属表面に鉄球を打ち付ける)を応用しました。金属表面とそこにある問題を研究して得たIEPCO社の表面処理技術を 貴社の問題解決に是非お役立てください。

表面処理基本構想

モールドプラスセンターのイエプコ(IEPCO)表面処理は、荒れた金属表面をミクロで見た不安定要素のクリーニングを行い、ついでその金属表面組織を微細にし緻密化されることで、 加工後の金属表面がもつ欠陥をなくし、その表面に求める特性を付加させます。

イエプコ(IEPCO)表面処理の基本原理

クリーニングプロセス 放電薄層、微細カエリ等の加工変質層及び、表面に浮き出た偏析物を除去します。
ピーニングプロセス マイクロポリシティ、マイクロクラックの辺億や引張残留応力を圧縮応力へ転換します。

イエプコ(IEPCO)表面処理イメージ

イエプコ処理には大きく分けて、「クリーニング工程」と「ピーニング工程」の2工程あります。

切削加工、放電加工後の表面には、加工時の熱によって合金製文中の低溶融金属が偏析物となり、弱い接着力で母材の表面上に析出します。 この変節物が脱落してできた微細空孔をマイクロポロシティと呼び、イエプコ処理のクリーニング工程では、上記の偏析物を除去すること ができます。すると、処理表面は機会加工後の表面よりもマイクロポロシティが多く現れます。次にピーニング工程では、クリーニングによって現れた マイクロポロシティを閉塞させる作用をします。

放電加工後の表面

放電加工後の表面

切削加工、放電加工後の表面には、加工時の熱によって合金製文中の低溶融金属が偏析物となり、弱い接着力で母材の表面上に析出します。

クリーニング工程

クリーニング工程

偏析物をクリーニング工程で除去し、マイクロポロシティを露出させます。

ピーニング工程

ピーニング工程

クリーニング工程で露出したマイクロポロシティをこのピーニング工程で閉塞させます。

モールドプラスセンターのイエプコ表面処理ビフォー・アフター

EDM加工

処理前の写真に見られる円盤状の集合体が薄層と呼ばれる硬い加工変質層です。処理後の写真はこれらをクリーニング工程で除去し、 その表面をピーニング工程で綿密化しています。

研削加工

処理前の写真には砥粒によってつくられたトレースがあり、これらは母材組織と異なったカエリが弱い力で母材と結びついています。 反り後の写真はこれらをクリーニング工程で除去し、その表面をピーニング工程で綿密化しています。

モールドプラスセンターのイエプコ表面処理は様々な分野で応用されています

イエプコ表面処理は、各種金型、加工ツール等の品質向上と生産性向上に役立ち、研究開発から製造の第一線まで足しに渡り 応用され多くの実績があります。

電線用金型&スクリュー 電線用金型&スクリュー
プラスチック射出形成 プラスチック射出形成
プレス金型 プレス金型
加工ツール 加工ツール
粉末成形用金型 粉末成形用金型
ゴム成形型 ゴム成形型

イエプコ表面処理加工は下記までお問合わせください

有限会社モールドプラスセンター

TEL: 045−628−1472

〒231-0836 横浜市中区根岸町3-160 メルクマーク101